A List of Thirty Three Principles,numbered and named.

1. The Major Premise 大前提

宇宙の叡智(ユニバーサル・インテリジェンス)は、全ての物質の 中にあり、それにすべての物質に特性と活動を与え続けている。そして、その物体を維持している。

2. The Chiropractic Meaning of Life カイロプラクティックの意味する生命

物質を通して表現されるこの叡智が、生命のカイロプラクティック的な意味である。

3.    The Union of intelligence and Matter 知能と物質の結合

生命は、知能と物質が必然的に結合したものである

4. The Triune of Life 生命の三位一体

生命は、叡智、力、そして物質という名の3つの必要な要素を持つ三位一体である。

5. The Perfection The Triune   理想の三位一体

100%の生命を持つには、100%の知能、100%の力、100%の物質を持たなくてはならない。

6. The Principle of Time 時間の原則

どのような過程であれ、時間を必要としないものはない。

7. The Amount of Intelligence in Matter 物質の中の知能の量

知能の量はいかなる量の物質であれ、それに比例し、必要な100%である。

8. The Function of Intelligence 知能の機能

知能の機能は、力を創り出すことである。

9. The Amount of Force Created byIntelligence   知能により創られた力の量

知能によって創られた力の量は常に100%である。

10. The Function of Force  力の働き

力の働きは、知能と物質を結合することである。

11. The Character of Universal Force   宇宙の力の特性

宇宙の叡智の力は自然の法則によって証明されており、ひたむきで順 応されない、そして作用する組織に配慮することもない。

12. Interference with Transmission of Universal Force   宇宙の力の伝達の妨害

宇宙の力の伝達は妨害されることも有り得る。

13.   The Function of Matter 物質の機能

物質の機能は力を表現することである。

14.  Universal Life 宇宙の生命

力は物質の運動によって証明される。すべての物質は運動する。 従って全ての物質には宇宙の生命があるのである。

15.  No Motion without the Effort of Force 力の活動なしに運動はない

叡智の力の適用がなければ物質の動きはない。

16.  Intelligence in both Organic and Inorganic Matter 有機物と無機物の中の叡智

宇宙の叡智は、有機物と無機物の両方に力を与える。

17.  Cause and Effect 原因と結果

すべての結果には原因があり、すべての原因は結果をもたらす。

18.  Evidence of Life 生命の証拠である。

生命の微候は、生命の叡智の証拠である。

19. Organic Matter 有機体の物質

生命体の身体の実質は、組織化された物質である。

20.  Innate Intelligence イネイトインテリジェンス

生命体は、イネイトインテリジェンスと呼ばれる先天的な知能、叡 智をその体内に持っている。

21.  The Mission of Innate Intelligence イネイトインテリジェンスの使命

先天的知能の使命は、活動的な組織である生命体の身体の実質を維持することである。

22. The Amount of Innate Intelligence イネイトインテリジェンスの量

全ての生命体には、その組織に比例して必要な100%の先天的知能である。

23. The Function of Innate Intelligence イネイトインテリジェンスの役目

先天的知能の機能は、宇宙の力と身体内部で用いられる物質を適合することである、それ故に身体の全ての部分は、相互利益の為に協調された活動を行う。

24. The Limits of Adaptation 適応の限界

天的知能は、宇宙の法則を破らない範囲において、または物質の限界によって先天的知能が限定されるまで、身体の為に可能なかぎり力と物質を適応させる。

25. The Character of Innate Forces イネイトの力の性質

イネイト・インテリジェンスの力は、それが働く組織を傷つけたり破壊することは決してない。

26. Comparison of Universal and Innate Forces 宇宙の力とイネイトの 力の比較

生命の普遍的循環において、生体構造の物質に関して、宇宙の力は破壊的、イネイトの力は建設的な傾向をもつ。

27. The Normality of Innate Intelligence イネイト・インテリジェンスの常態

先天的知能は常に正常であり、そして機能も常に正常である。

28. The Conductors of Innate Forces イネイトの力の伝導体

動物の身体において、先天的知能の力は神経系を通して、またはその上 で活動する

29. Interference with Transmission of Innate Forces イネイトの力の伝達の干渉

イネイトの力の伝達が干渉される事は起こりうる。

30. The Cause of Dis-ease   Dis-easeの原因

イネイトの力の伝達の干渉は、不調和や失調の原因となる。

31. Subluxations  サブラクセイション

身体における伝達の干渉は、常に、脊柱におけるサブラクセーションが直接的または間接的に原因である                 32. The Principle of Coordination 調整の原理

調整は、有機的組織体の全ての部分において、その任務と目的を完遂する為の、調和的活動の原則である。

33. The Law of Demand and Supply 需要と供給の法則

需要と供給の法則は、その理想の状態で身体内部に存在する、例えるなら、“手 形交換所”は脳であり、イネイトは 有徳の“銀行家”、脳細胞は“行員”、そして神経細胞は“使者”である。

 

この原理原則を理解しないとカイロプラクティックを行う意味が理解できません。カイロプラクティック教育の基礎は「哲学」にあります。「哲学・科学・芸術」のどの分野が抜けてもいけません。